NEWS

郡上風土酒の新酒できました。

郡上風土酒とは、、、

「のたりのたり漂う主はオオサンショウウオ郡上大和の栗栖川」
平野醸造の酒造りは、母袋烏帽子岳より流れるこの川の清しき水が仕込水となる。
酒米のさびらき(田植え)は、鳥のさえずり、虫の声、人々の歌。
共に奏でて、里こだますれば、山風は田に降り、稲は育つ。
酒の仕込みの只中は、民謡愛する人々が、「風土酒祝い唄」歌い込む。
杜氏は醪の声を聞き、とろりとろりと櫂入れて、木桶のお酒に記憶を刻む。地と人と、人と酒とが、ひびき合い、醸され生まれたその酒はオモイノシズク。
郡上風土酒と申します。
Slowly slowly drifting
Lord of the Kurisu River
The ancient giant salamander, Osansho

The water used for Hirano Brewery’s sake comes from the Kurisu River. The crystal-clear water flows downstream from Mount Motai. Rice paddies, the cry of the birds, the voices of the insects, people’s song. We respond to the sounds of our rural hamlet, and the mountain breeze graces our rice paddies, and our rice grows. When the sake is being brewed, we sing our celebratory songs, to thank the land and encourage the sake. Listening closely to the sounds of the sake mash, the brewer slowly dips the paddle into the mixture, brewing in a cedar barrel, imparting on the sake memories and recollections. The sake is created through the interaction between the earth and the people. People and land resonating together. Gujo Fudoshu.

飲み口は、、、
栓を開ければ、木桶の香りがふわりと漂う
口に含み舌を転がせば
五百万石と郡上酵母の織りなす柔らかな味わいが広がる
この季節、常温や冷やが一番の飲み方
春の声が聞こえてきそうな、そんな日にお楽しみください。
As soon as the bottle is opened, the soft scent of the wooden barrel wafts out.
Taste in your mouth the local yeast.
Lower amounts of milling draws out the special taste of the local rice.
Enjoy on warm spring days cold or at room temperature.
Drink with a sake glass or wine glass.

酒の仕込み水
オオサンショウウオの生息する栗巣川

1月15日早朝「風土酒祝い唄」を木桶酒に歌い込む。
作詞:後藤直人
歌:上田晋市、此島由多子、國枝誠司、國枝アツ、井上博斗、(民謡愛する方々) 
令和四年一月吉日
 今日は目出度い初仕込み
コメは自作の無農薬作り
 五百万石地元作り
木桶かばしで二段の仕込み
 古今水の風土酒
乙女心で真心込めて
 先は世に出て富となる
とろりとろりと今突く醪
 酒に造りて世にと出す
砥いだお米を麹でかばしゃ
 雪の白山思われる
目出度目出度の若松様よ
 枝も栄えて葉も茂る
納め納めは段々ござる
 今日の納は良い納め