FAQ

Q

複数のセットを注文した場合送料の相談できますか?

A
はい。個別に対応いたします。下記にご連絡ください。 [email protected]
Q

風土酒とは

A
人・歴史・風土・文化がひびき合う中で醸造された木桶酒 平野醸造に眠っていた木桶を修理することから開始。小豆島に渡り、木桶作りを学びました。その後、郡上の船大工職人の指導のもと、木桶修理は完了し、地元農家さんの作った米で、醸造が始まりました。また、仕込み中には、郡上おどりの音頭とりに「風土酒祝い唄」を作詞いただき、「予祝」として、歌い手の皆様が集まり醸造の過程で、お酒に風土を思う心を響かせ、ひびき合う酒造りと題し、郡上の文化と風土を木桶酒の中に醸したお酒が生み出されました。
Q

一から百酒とは

A
米作りから酒造りの工程に飲み手の方も参加型です。  室町時代中期、勅撰和歌集でも活躍された東氏一族の治めたこの地で、飲み手の方に日本酒にまつわる和歌を公募しております。この里の景色、歴史、文化、人々が関係し醸される日本酒です。  田植え時期には、皆で田植え唄を歌い大地と響き合いながら、田の神と共に酒米を作る。時には雨乞いと言われる郡上節の歌を歌い、時には草を抜き、大地と人々が共になりできたお米で、醸造される日本酒です。